渋谷の靴修理.バッグ修理ならおまかせください:シューズファクトリーKIKUCHI(キクチ)

FAQ

よくあるご質問

かかとが、かなり磨り減ってしまったのですが・・・。
「かかと交換」で、ほぼ原型に近い形に復元することが可能です。減りすぎた箇所を同質の材料で補修したり、厚めの材料を使用することによって見た目のうえでは、元とほとんど変わらないようになります。ただ、長くキレイに履くためには早めの交換をおすすめします。
靴がきつくて困っています。サイズを大きくすることは出来ますか?
材質にもよりますが、のばし調整で横幅であれば多少広げることが可能です。ただし、タテ方向は靴の構造上、残念ながらほぼ不可能です。
ハイヒールの靴底に、穴が開いてしまいました。
減りすぎてしまった部分を補修して、上からゴム材を貼る事によって修理できます。ハイヒールは靴底が薄いものが多いので、早めに【靴底補強】しておくと、長くキレイに履くことができます。靴底補強には、スベリ止めとしての効果もあります。また、減りがまだそんなに激しくない状態なら、【つま先補強】でつま先だけ硬質のゴム材で強化する方法もあります。
ピンヒールの修理をお願いしたいのですが…。
【ピンヒール】はヒール材が付いているカカトの穴が潰れると、新しい材料を取り付けることが大変難しくなります。
ピンヒールに関しては、とくに早め早めの交換をおすすめします。
ヒールが思ったより高いのですが低くすることはできますか?
【ヒールカット】によって、ヒールを低くすることが可能です。ただし、その靴の持つバランスとの兼ね合いで限度はあります。
また、ヒールを低くするだけではなく高くする事や太くしたり細くする事もできます。
imageページ先頭へ戻る